女性に効果が期待できる産後骨盤矯正について

骨盤矯正は、一般的には骨盤の歪みを取ることを目的として行われ、姿勢を正しくできるなどの様々な効果を得ることができます。産後における女性の場合、スタンダードな施術では同様の目的で行われますが、産後特有の症状を改善するために行う場合には意味合いや効果が異なってきます。
産後におけるスタンダードな施術は、産前や出産育児による骨盤の歪みを矯正するために行われており、理由の1つには、産後のホルモンの影響で靭帯が緩んでいる半年以内の時期が強制しやすいことがあります。一方、専門となる矯正の場合には体形を戻すことを目的として行われ、ここでは、赤ちゃんが産道を通るときに開いた骨盤を閉じることで緩んだ骨盤庭筋群を引き締め、上下左右に歪んが骨盤をきれいに整えるために行われます。

はじめる時期と終わりの時期について

産後骨盤矯正は、産後1ヵ月から始めるのが最も早い時期になります。一般的には子宮が収縮をすることが目安とされており、自分自身で収縮がわからなくても産後1ヵ月検診で指摘が無ければ行っても問題はありません。一方、子宮が大きなままの場合には腹腔ないの圧力が高いために骨盤を閉めることは適切ではなく、恥骨や尾骨に痛みを感じた場合や、ひどい尿もれの場合、仙骨痛がある場合には医師の判断を受けた上で早めに施術を受けた方が良いケースがあります。
矯正が不要となる時期に関しては、特に決まりはありません。個々それぞれによって違いがあり、中には、産後5年、10年と長期間経過をした後に行う人もいます。この場合、ほとんどの理由は、尿漏れや慢性腰痛、冷え性、産後太りなどの解消があり、施術時期を逃したとしても効果が期待できます。

効果を得るには何回受ける必要があるのか

産後骨盤矯正では、お尻が小さくなることや形が変わること、痩せること、冷え性の改善や腰痛の改善など、出産からくる様々な症状を改善する効果が期待できます。この場合、何回程度施術を受ける必要があるのかという点がありますが、一般的には、5~10回程度で、1~2週間程度に1回のペースで良いとされています。人によっては週3回は必要と思っているケースも多く見られますが、そのようなことはなく、頻繁に受けなくても十分に効果が期待できます。
矯正は、一気にやるよりは時間をかけて行った方がよいとされており、理由としては、骨盤だけを閉めても骨盤底筋肉群は筋肉であるために、引き締まるまでに圧程度の時間がかかることがあります。骨盤底筋群を一緒に引き締める矯正を同時に行わない場合には効果が薄く、なかなか結果が得られないことになります。